スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて読んだエロマンガって覚えてますかい?

いやちょっと前に、実家のエアコンの室外機を掃除していて
その室外機を置くブロックの隙間から…


なんとまぁ小学校低学年くらいの時に隠した…


エロマンガの切れ端が見つかったんですわ。



およそ20年近く雨風に耐えキレイに残ってました…



アタクシ思わず「うおわっ!?そーいや隠したなここにっ!!」
と声に出ました。マジで。

その切れ端ってーのが、かなり劇画タッチなもので
まさに大人の読み物といった感じでした。
後々調べるとその当時、つまり20年くらい前はそういう劇画タッチなものが
エロマンガ業界では主流で、今でいう萌え絵のような可愛らしいタッチの
画風はごく一部だったそうです。

90年代中期からが青春時代のアタクシとしては、記憶がおぼろげな幼少期から
生まれる前の文化は何だかドキドキします。ましてエロマンガという
今以上に日の目を浴びる事のなかったサブカルジャンルに
妙に興味をもってしまうエピソードだと思います。

が、アタクシの場合そこ止まりにしておく主義なのです。

わりとこういう出来事があると、この今の便利な世の中を利用して
その切れ端からその作品、雑誌名、発売時期など割り出せる事も可能でしょうが
あえてしません。
ナゾに包まれたおぼろげな記憶と既存のエロ媒体を視聴するより妙に
興奮するこの感じをとっておくためです

詳しい詳細を知りスッキリはするでしょうが、この何とも言えない
モヤモヤ感と神秘的なエロい感じは消すには惜しいです。


そしてこの切れ端を発見したことをきっかけに段々当時の
エロ本、エロマンガに触れたときの記憶が蘇ってきました。


確か工藤は初めて人生初エロ本に触れたのが、幼稚園に通っていた頃
近所に住む歳が同じの女の子とおままごとをしていた時
茶封筒に入ったまま捨てられていた、エロ本を見つけて女の子を
ほったらかしにして隠れて読んでいた時のことです。

そのエロ本の内容はいわゆるヌードグラビアで写真のみで変に
グロい内容でなくさわやかなもんでした。
ただひたすら理屈もわからず小さい工藤をギンギンにしながら写真の
オネーチャンのオッパイをガン見してました
(すでに乳フェチが形成されていたのだろうか…?4歳くらいで…)

その興奮をきっかけによく一人で草むらや雑木林に入ってエロ本探しをしてました。
20年前というとまだ環境問題や物を捨てるモラルがずさんで、アタクシの近所は
不法投棄のオンパレードでした。
ゴミが散乱している場所に入れば高確率でエロ本があり、その隣には
馬鹿デカいベッドやビリヤード台が捨ててあったりして
とても不思議な光景であり、楽しい場所でした。

そんで本ごと持って帰ると両親にばれた時、ハンパじゃなく怒られるであろうし
恥ずかしいので、気に入った部分を切り取り隠して居た訳ですね。

何だかすごく懐かしいし、微笑ましく感じます。今ではすっかり
無くなってしまった男の子の誰しもが経験したことのあるエロ本を見たいから
スタートする探す、手に入れる、持ち帰る、読む、隠す
といった全身で長時間興奮するあの感じの走りですねぇ。


さてさて、タイトルに書いたのは初めて読んだエロマンガ

これも工藤は鮮明に覚えてます。


ちなみに先ほどお伝えした劇画のモノが初エロマンガでは
ないんですね。

いつものようにエロ本探しをしていると、やたら可愛らしいデザインの
エロ本をを見つけ、まずマンガだという事に驚き読んでみれば…
過去最高(っても6年くらいしか生きてねーけど。)ってくらいに興奮しました。

当時の自分は小学校に入りたてで、アニメやマンガに
夢中の時期でした。
後に工藤に多大な影響を与えるラムネ&40など放送している時代で
それに近い画風で裸でエロいことしてる内容に、ものすごい
胸の高鳴りを覚えました。


以後20年以上続き、仕事にすらしてしまった美少女系成人指定漫画にハマる
出会いだったわけです。


当然切り取り持ち帰り、アホみたいに読みふけった訳ですが
ここで残酷な好奇心が…


続きが気になる!!!って思っちゃいました。


その持ち帰ったマンガ、連載ものだったんです…

これはもうどうしようもないですよね?
買える訳もないですし、上手いこと次号が落ちてる事も
ないでしょうし、6歳の工藤少年にとっては
この世の終わりがごとく落ち込みました…。



という、その可愛らしい絵で描かれた詳細不明のエロマンガが
工藤にとっての初エロマンガなのです。


そこで、劇画のものと同じようにどっかに隠してないかと探したんですが

ありませんでした…。

どこかで捨ててしまったんでしょうね
ものすごく純粋な年齢ですから、興奮がおさまると
すごい悪いことをしてしまったという後悔で
無きものにしてしまったんでしょう…

だいたいいつもこうでした
すげー読みたくなって探して読んで、後悔して捨てる
そんな年頃です。


疑問に思うのが、何故最大に興奮したのが可愛らしいタッチの
マンガなのに劇画のが隠されていたのか?
というとこでしょうが…


やっぱ当時あんま落ちてなかったです、可愛らしいの。


だから、やむなく劇画タッチのものだったんでしょうね…

よく覚えてないけど。


何でその劇画のだけ後悔せず残しておいたのかってーと…

単に隠してんの忘れてたんでしょうね…あんまお気に入りでは
なかったんでしょう…

よく覚えてないけど。



ここで、その工藤の初にして一番興奮を覚えたエロマンガの
作品内容を紹介しよう。


連載ものの一部なので全体のなれそめは全く不明ですが、
どーやらその回は山場みたいだった感じがします。

まずはこちらをご覧あれ。

other.jpg


なんじゃコリャ?と思ったでしょうが、
まーまー聞いてくださいな。


まず左のオネーチャンが困った顔で、真ん中の男に体を許して
まして、一戦交えた後右の黒髪外ハネのボーイッシュな
オネーチャンが何故か乱入。

どーやら真ん中の男はヤリチンらしく、
左のオネーチャンに手を出した事が右の娘的に
許せない行為だったらしい…

右の娘が怒り狂った後、何でか自分にも手を出せと
ヤリチンに要求。

で、超エロい展開に…


は?自分でもワケワカメ。


だけどこんな記憶で残ってます…


ま、こっからは想像ですが

おそらくオネーチャンズは親友同士。

で、右の娘さんとヤリチンは付き合ってたんだけど
女大好きジローラモ的なイタリアンジゴロ感覚で
ヤリチンが左の娘さんに手出しちゃった。

オネーチャンズは仲良しだから左の娘は
親友の彼氏だと知っていながらも、押しに負けて
体を許す。

でもって右の娘さんは、なんとなく自分の彼氏が親友に手出しそうって
思ってて、やっぱりかーい!ってな感じ?



って何この話?


やっぱ無理あるなー…20年以上前の拾った本の
切れ端の内容伝えるなんて…
しかも6、7歳の記憶で…。

ちなみにあくまで切れ端なんで、1話丸ごと切り取ってません。
エロいとこ中心に雑に破っただけなんでこの有様。


とはいえこの作品も今調べたりしませんよ

ぜーったいに後悔するでしょう。

詳しい内容と今その絵を見たらガッカリするでしょうよ

こういう言い方は先輩方に失礼でしょうが、やはり現在のこの
エロマンガ界の水準の高さに目が慣れてしまった自分に
20年以上前のエロマンガを見せたらやっぱね…

自分自身がその高い基準の内側に居るとは到底思えませんが、
読者としては嘘をつけませし、上がりに上がったハードルを
超えられる自身がありませんのです。

例えるなら初恋の女性に20年後会いたくないと思う感じですかね

いやでしょ?記憶では当時のままの素敵な彼女が居て、思い出補整と
憂いで仕上げた最高の女性が、見るに耐えない姿に変わってたらさ…。


妄想は見えない芸術って事です。



また長っげー事下ネタ話したな今回…最長じゃないか?

ま何が言いたいかっつーと…


男の子にとってエロ本は青春そのもの。


いつまでもエロい気持ちでいられるということはいつまでも青春
といって過言じゃないんじゃないカシラ?

健康的な男子なら必ずエロ本エピソード持ってるでしょう?

そのお話ってなかなかのエンターテイメントだと
思いますよ。

あっしのは意味不明だけどさ。


工藤でした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どもです。

初めて買ったエロ本は前に飲みの席で話したかもしれませんが、僕が初めて読んだのは確か人妻系でお昼に配達員とのだったなぁって思い出しました。
7歳くらいだった気がします・・・。

でも、よく金曜日とかの映画枠で極妻とかを見ていたので、エロに目覚めたのはもっと前だったでしょうね(笑)

あとよくやってたのは、仲間内で秘密基地みたいなところに路上で拾ったエロ本を集めておりました。
工藤さんみたいに切れ端もいくつかあったかもしれません(笑)
やってることはみんな同じなんですねぇ
当時の懐かしい記憶を思い出しました

それでは~

No title

どうもです。

初めて買ったエロ本は、某エロゲ雑誌でしたねw
それまでは、実家近くのマンションで拾ってましたw
月の新聞回収の時に必ず捨ててあったのでお世話になりました。

今はパソコンでなんでも出来るんで、あの頃ほどの有難味と感動はなくなりましたね…
今の子は、エロ本拾ったりとか言う感動はないのかな


また、ハーレム2で負けましたv-40
設定ないとキツいですね
ジャグラーみたいにジャグ連しないですし
実機買った方がいい気がしてきました
でも、来月、一騎当千のART機出るんですよねぇ
また、回収されるのかなw

No title

や、初耳ですね。
秘密基地かーやりましたね。ただエロを共有出来る友達が
居なかったのでエロ本集めは単独でやってました。

それを友達に見つかるとエラいからかわれましてね、当時は下向いて
顔真っ赤にしてましたが、今だったら石握った拳で前歯5本くらい飛ばして
やりますね、からかうヤツには。
どーせ乳歯なんだから問題ないでしょーよ?(問題発言)

TVのエロも全滅ですね…トゥナイト2を毎日楽しみにしていた
頃が懐かしい…




エロゲ雑誌!!
自分も初めて金出して買ったのが電撃王のエロゲ特集だったです。
表紙も確か清楚なオネーチャンがPC機材持ってるだけで、問題なく
買えたなぁ…
ただその時初めて触手ってーのを見て軽くトラウマに…
今だに触手苦手です…。

現代の子はまずエロ本が落ちてないですから、きっと拾えないんじゃ
ないカシラ?僕らみたいな悪い大人がワザと落としてみるのも
風流なもんかもしれませんね。(勝手に同類にしてスンマセン)

あるぁ?またハーレム2に貯金してきましたか…
あの貯金箱なかなか取り出せない仕様っぽいですが、大丈夫ですか?

とりあえずジャグ、エヴァで貯金下ろしてれば気づいた頃には
実機10万切ってるんじゃないですかね?
一騎当千はボーナスがクソ重たいみたいなんで、ARTがかなり優秀なのかと
期待しておりますよ自分は。

No title

 以前に聞いた良い話というのはこれでしたか、色々と考えさせられる面白い話でした。
落ちている本は拾ったことは一度だけありましたね、基本は汚いというイメージが強くて拾いませんでしたが、落ちていたP-mateのエロゲーの紹介記事だけは気に入ったやつを切取り、クリアファイルに入れてました。
当時の厨房には雑誌は買うものではなく読むものでしたから、購入していたのはZIPとE-LOGINが限界でした。
初めて買ったエロ本がLOGINなのは今でも鮮明に覚えています。
無人島物語とか螺旋回廊、院内感染2・・・etc裏表紙がママトトだったのが印象的でした

エロゲーの紹介記事見て買えないのに欲しいゲームを覚えたりして日々のエロライフを過ごしてました。
エロ本が青春であると同時にエロが無い生活で大きくなった大人はきっと楽しくないと思います。
それでは次回の話も楽しみにしています。

No title

クリアファイルとな…生まれ持っての収集力という…。
ナチュラルボーンコレクターですか?あなたは。

やっぱ皆同属ということですかな?エロゲ雑誌が初買いというのは。
エロゲ雑誌は買いやすいかもだけど、興味ないと欲しくはないもんなぁ…
非オタの少年も読みたいものなのかな?

やっぱ細かく覚えてますよね?
手に入れられなかったものを、後に手に入れた時生まれる感動は
その作品の最高のスパイスになる事もありますからね。


確かに少年時代の衝撃を呼び起こせない日々を生きる
今後の人生なんて嫌だなぁ…
ソレが大人になるということなら、子供のままでええわい。
プロフィール

工藤 洋

Author:工藤 洋
FC2ブログへようこそ!

参加予定イベント
サンシャインクリエイション2015Summer
Q08b RADIOSTAR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク集
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。